2007年06月 ヒゲのないヒゲさんっっ!?
寺、神社・巨木・鳥とか写真色々♪ + 次男の不思議話ちこっと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 日向
 
[スポンサー広告
次男危機一髪のイメージ
こないだから、う~ん…1週間くらい前からかな、 
次男を見ると、変なイメージが見えてた私。 
それがさぁ、、、 
 
次男が真後ろに倒れて後頭部を強打して頭蓋骨陥没骨折 
…みたいなものだったの。 
 
何度見てもそのイメージ。 
首を左右にブルブルブルッと振って「なんだよ縁起でもない」 
と、そのイメージを打ち消してた。 
 
その後ざーどの人死んだじゃん? 
あら、予知夢だったかしらん♪とか思ってたの(ちげーよ) 
 
そしたらね、土曜日にですよ、 
まさにそのイメージ再現されました! 
違ったのは次男が無事だった事~♪ 
 
でもかなり危なかったと思うのよ。 
てか、あれは予知に似たものだったんじゃないかとダーリン。 
え、私すげぇ?(絶対違) 
それは生かせて初めてすげぇと言えるのじゃ!!(笑) 
 
でもあれはね、護ってもらったんだと思う。とダーリン。 
けどね、確かにそうなのよ。 
子供だましみたいな小川がある公園で、 
私達が降りたとこから右側は 
う~んなんだろな…岩がゴロゴロしてて、尚且つ上ってる道で 
水はチョロチョロなんだけど少しなもんだから余計滑るわけ。 
 
何を思ったのかダーリンは一人フラフラと登っていっちゃって 
次男が後をついて行ってしまったのだ 
 
が!(笑) 
私もこんなつまんないとこ早く出たいと思ってて 
ボケボケしてたわけさ(いつもだろとか言うな) 
 
で、ボーっとオタマジャクシを見てました 
 
上に一人上がったダーリンは、 
前に私が次男を連れて遊びに行って怪我させちまった事をフト思い、 
ここは救急車来ねぇな って思い、慌てて下りようと振り返った時、 
次男がひっくり返ってるとこだったらしい 
 
次男は少し高い所から飛び下り、下りたはいいが下が苔で 
ツルッと滑って真後ろにひっくり返っていた。 
 
あの転び方で頭を打たないとしたら肘をつくしかないように思うんすけど 
濡れたのは背中まで。 
 
両手のひらで水をすくうような形の手で、 
次男の頭を誰かが受けとめてくれたんだと、 
ダーリンがそう言っていた。
スポンサーサイト
Posted by 日向
comment:0  
[我が家の色々不思議話]  thema:ふと感じること - genre:
多武峯神社
こちらは多武峯神社(とうのみねじんじゃ)

DSC01769_2.jpg


慶雲3年(706)に大和国磯多武峯(現在の奈良県桜井市談山神社)から当地へ、
藤原鎌足の遺髪を移して祀ったのがその始まりとされています。

余談ですがこちらも聖地なんでしょうかねぇ。写真が赤いです。



こちらが多武峯神社々殿

DSC01768_2.jpg


上の鳥居から10分くらいかな~。
大して上らない場所にあります。


そうそう、何を見に行ったかって
役行者絵巻ってのを見に行ったのだった。
今出てる役行者の本の基になってるようなものだった。
本物は見せてもらえなかったけど。しくしく。


場所  埼玉県比企郡都幾川村大字西平1515番地


  こちらは神社に降りていくほうの道の前にある、武藤さんという方の住所かも。
  ここで聞くとここのおじいさんが神社まで案内してくれる。
  家に上げてくれて色々見せてくれる(その絵巻とか)
  
  そういうのは私はちょっと…と言う人はその方に会わないように
  車で上がってきた道と並行に鋭角に戻る下り道があるので
  そっちに歩いて降りていけば神社の入り口はすぐ分かります。
Posted by 日向
comment:0  
[写真]  thema:神社仏閣 - genre:学問・文化・芸術
越沢稲荷の大杉
そして、下の記事の多武峯神社を左手に見て、
坂道をちょっと登るとすぐ下り道になるのですが
まだ舗装されきってない道で
ガードレールは付いてるものの、なんだか
「本当にこっち行けるの??」と思ってしまうような道をずんずん行くと、
越沢稲荷の大杉→という看板が(道しるべ)が出てきまして
その道しるべの誘うままにまたしてもずんずん進みました。
Σ(^∇^;)えええええ~ みたいな細い道をずーっと行くと(多分普通車じゃ通れない)
柿の木の向こうにデッケー杉の木!!
もう、滝の入りのタブの木以来の感動モンです。

DSC01776_2.jpg

DSC01780_2.jpg



何気に全体像が取れないんですよね_| ̄|○

次男と比べると次男、オモチャみたいw↓
DSC01778_2.jpg



樹齢とか全然見てこなかったんですけど(オイ)
幹周り?っていうのかな?6㍍とか言ってたっけかなぁ?
すいません。私コーフン状態で看板を読んでこなかったんです(泣)
Posted by 日向
comment:0  
[大きい木コーナー]  thema:いちおー埼玉県 - genre:地域情報
西平の大カヤ
今日は(今日も、か?)都幾川へ。
こないだ行った萩日吉神社。裏手に大カヤがあると後から聞き、
じゃあ行かねば!と行ってきました。


DSC01783_2.jpg
こちらが萩日吉神社。
写真は児持杉。

DSC01781_2.jpg
右が男杉、左が女杉です。


この女杉がねぇ、触ると手のひらから熱くなり
その後体全体が熱くなるのです。
木に流れる気みたいのを感じる(ような気がする)事は何回かあったけど
こういうのってちょっと初めて。すごく不思議。


さて、この鳥居の右側の道を100mくらい登ると
左に入る細い道が現れます。
道標は「大カヤ」って文字が見えにくいので注意です(`・ω・´)b

石がゴロゴロした道をしばらく登ると、開けた場所に出ます。
そこにコチラ、大カヤ様登場~!

DSC01806_2.jpg

周りは杉の植林。
しかし、アナタ様はカヤ みたいな(なんじゃそりゃ)
杉は植林だから後から人の手によって植えられたものだよね?
じゃあここは昔はカヤがいっぱいあったのかなぁ?
このカヤだけ残ったのかなぁ?
そんな素人っぽい素朴な疑問が湧きまする。

DSC01803_2.jpg

邪魔が入っちゃったけどこれが私的に一番綺麗な気が。


樹齢推定1000年 
周囲6.60m 
樹高16.00m 
都幾山慈光寺の七木の一つに数えられ 
現存するもので唯一本のものであり當地方の名木である 

だそうです。

慈光七木・・・。聞いたことあるんすよ。
けど聞いただけでよく知らない(オイ)
七木の他に、七石、七井があるらしいのですけど。

で、調べたところによると慈光七木は、
立ち返り柳・椎樫・五葉の松・大柏・八重の桜・一本樅・天狗杉
てのが、慈光寺実録・寛政十年(1800)に記されたものらしい。

諸説で、
「慈光寺内にある多羅葉樹」「萩日吉神社の児持杉」「大榧(宮平)」
「箒杉(椚平)」「楓(高畑)」「大欅(野島)」「大楠(上谷)」
で、旧慈光領を示しているという説もあるそうです。

( ̄-  ̄ ) ンー
よく分かんない(オイ)

もっと勉強してお送りいたします(え、いい? 汗)

DSC01805_2.jpg

Posted by 日向
comment:0  
[大きい木コーナー]  thema:木の写真 - genre:写真
また?
次男がまたなんか言ってるよ… 
 
「あのねーおはらい神社ってあるよ~」 
( ̄‐ ̄ )フーン 
 
で、検索… 
あぁ、これかな?小原井神社。 
うーんと…読みは「おばらい」だね。 
ま、読みは違ってた事は結構あったけどね…(^-^; 
謎解きするのは私なので色々調べてます(笑) 
なんかデッカイとちの木があるらしい。 
 
ウヒャー宮崎だぁ。遠いじゃん!休みにブラッとは行けねーな 
 
で、まぁ、その話しはそこで終わってたんですが、 
さっき私下の部屋でネットタイムを満喫していたら 
次男が呼びに降りてきましたよ(泣) 
「別にいなくても呼びに来なくていいねんで~」と訴えてみたw 
 
次男は寝る前に一言、 
「あのね~おはらい神社って凄く遠いよ」 
パタ、くー 
 
… 
寝んの早っっ!! 
 
しかも謎の言葉残して寝るのヤメテください… 
そりゃ確かに宮崎は遠いが。 
 
神社の名前だけならアレなんすけど、遠いのを知ってると気になっちゃうのよね 
私の研究魂に火が!(なにが研究魂や) 
Posted by 日向
comment:0  
[我が家の次男の不思議話]  thema:不思議な出来事 - genre:
与野の大カヤ
意外と身近なところにもあったのです。
与野の大カヤ様デス♪

suzuya_1.jpg

なんだよーデカイじゃんっっ(カンドー♪)
しかも妙行寺の金毘羅堂だけ別にあって、そっちに一緒にいたので
ひっそりとして日陰になってとてもくつろげるのでした。


suzuya_2.jpg

全体像は難しい・・・。



住所:さいたま市鈴谷4-14 妙行寺金毘羅堂境内
Posted by 日向
comment:2  
[大きい木コーナー]  thema:木の写真 - genre:写真
大祓い式
 
前ね、次男が言ったのです。

「おおやま いもうとっているよ」と。


んあ?

大山妹っっ?

誰よそれ。



なんとなく試しに検索したら
なんと!!出たのですよ!Σ(^∇^;)えええええ~

その人は、大山祇命(おおやまつみのみこと)という、山の神の次女でですな、
姉が石長姫というのです。
確かに妹。大山さんちの妹なんですよ。名前は木花咲耶姫(このはなさくやひめ)

この木花咲耶姫、浅間神社の…なんつーんだ?ご神体?
あ、主祭神って書いてある(なんだかな…)
日本を象徴する「富士山の神霊」である、のだ。
すごく簡単にいい加減に言えば「浅間神社に祀られてる神」です。

浅間神社は日本各地にいっぱいありますが、総本社は富士浅間神社なのです。
富士山にあるって事ですよ、簡単に言えば。


で、
こないだから別に言ってたのが
「おはらい神社ってあるよ」でした。

これも探したけど見つからなくて
「おばらい神社」ってのなら宮崎に見つけたのよ(→この日の記事参照してください)
でもなんとなく違うかな~って。
何が違うって、次男の言おうとする事とは違ってるって意味です。

で、放置してたんですけど
一昨日の夜、ハッキリとこう言いましたですよ。

おおはらい神社と。

(; ̄ー ̄)...ン?
おおはらい?

そして「おおはらい 神社」で検索しましてん。
そしたら出ました~!ヽ(^◇^*)/ ワーイ

大祓い式。。


とーこーろーがー!

なんとなく名前からして年末に行われる行事のような気がして
(ホラ、埃払ったりするじゃん)←大掃除かいっ!
調べたところでも12月31日とか書いてある所が多かったので
その話も「・・・( ̄  ̄;) うーん…」と、そのままに。

その、おはらい神社の話が出だした頃、
次男はちょっと風邪でイマイチな日が続いてて
久々に保育園行きたくない。ママがいないから というのが出てね
休んだりしてたのね。

やっぱりああいう話が出たりすると不安定になるね
なんてダーリンとも話してたのです。
その後風邪はよくなっていきましたが
夜寝かせてから私が下でネットしてると上から呼びに降りてくんのよね。
これがある時はまだなんかスッキリしない時なワケですよ。

「どうしたの次男クン?起きちゃったの?」「うん」みたいな。
でも、昼間に聞いてみたら話し声がうるさくて目が覚めちゃうんだそうな。

ああ、ヒゲさんが誰かと話してるんだぁ?
そう、アイツうっせーんだ!
(おい。アイツ呼ばわりすなよ… 汗)

前にみてもらった時言われたんだけど
ヒゲさんが多分天部(てんぶ)の人らしいんだよね。
天部の人っていうと…ナントカ天って、天付く人いるじゃん?←なんて簡単な説明だろう
大黒天とか恵比寿天もそうだし毘沙門天とかさー

で、
次男はヒゲさんたちの話を聞いているんだそうですよ。
天部の人たちの話を聞けるらしいんです。
それも別に、聞きたい事を聞く事が出来るとかいう
夢のような能力じゃなくて、
次男のどこかが天部とリンクしてるんだろうなぁ。
だから話はとりあえず聞こえるわけです。

で、そこで聞いた情報を私に流してきているのですな~。


さぁ、私はというと、先週水曜あたりかな?
仕事帰り、近くに神社ないかな…と思い、あちこちウロウロし、彷徨ってたの。
「山神神社」ってあったから、ここはそういえば大山妹の父、
大山祇命が主祭神だ と思って行ったりとか、
ナントカ氷川神社は…ありゃ~駐車場ないじゃん て入れなかったり

で、病院に薬取りにいかなきゃならなかったから車で行ったさ。
裏をちゃちゃっと行くと「あ、あ~っ!今神社あった!」と思ったんだけど
止まれないので病院の帰りによる事に。
帰りにその神社見てビックリしましたよ。
そこはなんと、浅間神社でした。。

最後はここに行き着くのか?と
なんか誰かに導かれて来てるような気がすんだよなぁ~

で、今日の朝です。
ダーリンは座禅してる時に富士山が浮かんだらしく、
富士山に行かなきゃ!と思ったそうです。

私の今日のリクエストは「滝の入りのタブの木にいきた~い!」でした。

ダーリンが帰ってきて富士山と言うので、
富士山は浅間神社だねー。浅間神社は大山妹だよ~~~と教えてあげました。
えっっ!とビックリして浅間神社のHPを見ると・・・

今日、6/30は

浅間神社の大祓い式

だったのでした・・・(絶句)



大祓というのは年2回6月と12月に行われる我が国固有の古い神事で、
6月は夏越大祓(なごしのおおはらい)といわれています。

年明けから半年間、国内に生じた諸々の災禍や、
知らず知らずの内に心身についた罪けがれを、神の霊力によって祓清め、
残りの半年を国家安泰で、国民も清々しい心で過ごそうと願う神事です。

だそうです。

で、私のリクエストだった滝の入りのタブの木があるところも
浅間神社でした。。


富士山はいけませんでしたけど
近くの浅間神社にお参りは行きました。

しかし次男…
お前は誰だ…(笑)

Posted by 日向
comment:2  
[我が家の次男の不思議話]  thema:不思議な出来事 - genre:
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。