動物の最期の送り方 ヒゲのないヒゲさんっっ!?
寺、神社・巨木・鳥とか写真色々♪ + 次男の不思議話ちこっと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 日向
 
[スポンサー広告
動物の最期の送り方

突然だけど 
動物をいじめるのはよくないよね。 
これはフツー誰でも知ってる事。 
 
でも飼っていた動物に、 
過剰な延命治療は、よくないよ。 
例えば毎日点滴を受けに連れて行ったりして、 
その点滴がなきゃ死んでしまうような、そういうやつ。

実はおかーさん(義母)の生家、
今では甥夫婦が住んでるんだけど、
甥の奥さんが特にかわいがっている猫がいたんだわ。
でもこの猫病気で、毎日点滴に通ってるらしいのね。
その点滴を欠かすと死んでしまうらしいんだわ。

ところが!この間、この家のじいさん(義母の兄)が
夜中トイレに行った時、信じられない物を目撃したらしいのだ。
廊下を歩いていたら、雲の様なものがピューンと飛んできて、
それにその猫が飛び乗って、これまたピューンとどっかに行ってしまったらしい。

…笑っちゃダメですよ?w
これがマジな話なのさ~
それを最後にこの猫いなくなってしまったらしいのよ。

で、この不思議出来事を目撃したじいさんの妻。
この猫を嫌っていたらしく、
そんな点滴に通うなんてお金がもったいないみたいな事をよく言ってたらしいんだけども
猫がいなくなった時はばあさん入院してて、
猫は家からいなくなったけど、
本当にいなくなってるのか?と言うとどうだろう?的な…

こないだこの家に行ったオットは、
家の中で悠然と毛づくろいをするその猫を目撃したらしい。
「アイツあの家にまだいるもん。だからばあさん帰ってこれないよきっと」
と言っていたw 
 


猫好きな人からはブーイングが出そうだけど
てか、私も猫好きですがw
 
猫の愛し方は犬とは違う。 
例えば、犬は死んだ後も飼い主を慕って飼い主のそばにいるって事はあるかもしれない。 
 
でも猫ってさ、自分を可愛がってくれて大好きだった人と 
一体になりたい っていう愛し方なんだと思うんだよね。 
 
昔から「化け猫」って言葉があるくらいだから 
 
本来、動物の寿命てのは短く出来てるんだよ。 
それを人間の手で狂わしちゃいけないのよ。 
 
いや、化け猫って言葉が出たけど 
そういうことの話じゃないよ。 
 
大切にしてあげたい気持ちは分かるし 
死なないでいて欲しい気持ちだって分かる。 
 
えー、安楽死を勧めたいわけじゃないですよ。 
だから難しいんだけど、 
なるべく自然の状態で動物も送ってあげた方がいいよ というお話です。 
 
それと、20年とか生きてる動物は余計に、 
キチンとした最後を考えてあげなければいけませんよ。 
やりすぎず、愛してあげて、ってヤツ。 
うう~~~~ん難しいですね。

でも、動物本人がどうにも苦しそうでしょうがないとか
苦痛だけの生 になっているような時は
安楽死も方法としては全然アリだと思う。

その苦しみ方を飼い主が見て、どう思うか?
動物の痛みを考えてあげられるか、
自分の痛みを優先したいか、で
決まるのかな~…

スポンサーサイト
Posted by 日向
comment:0  
[スピリチュアル?
comment
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。