FC2ブログ
母の死4 早く! ヒゲのないヒゲさんっっ!?
寺、神社・巨木・鳥とか写真色々♪ + 次男の不思議話ちこっと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 日向
 
[スポンサー広告
母の死4 早く!


私ひとり病院を抜け、家でヌクヌク寝てしまいましたw 
とは言えそんなに眠れるはずもないのですが・・・。 
でもとりあえず携帯をバイブにして寝ました(音onにしろよ・・・) 
 
ここしばらく、携帯はマナーにしないで寝てたんです。 
夜中に間違いとかで鳴ってもまあしゃあないな~と思っていたから。 
だっていつにーちゃんから連絡が来るか分かんなかったから。 
 
この日はくだらないメールなんかで(この場合、メルマガとかのです) 
私を起こすな~!!と思っていたので(* ̄∇ ̄*)エヘヘ 
何かの時はメールじゃなく電話だろうし、電話ならバイブは鳴るから起きるだろう、と。 
ま、起きない可能性もありましたけどね(オイ) 
 
しっかり寝ないと…と思いました。 
その日一日のとてつもない長さに、もしかしたら気付いていたのかもしれません。 
 
 
オットからの電話の前から目は覚めていました。 
どっちみちオットが家に帰ってきてからじゃないと出かけられないので(次男がいる為) 
布団の中で「眠ぃ~~~」と思いながらぼんやりしていました。 
 
 
そして朝のオットの電話で意外な事実は語られました。 
 


オットは、自分が朝勤の前にやる事を(色々準備とかあるそうです)
その時もう一人来ていた人(Nさん)に電話で頼んでいました。 
なのでそのNさんは、オットに頼まれた事を言われた事をやろうと、
いつもより早めに寺に行ったそうです。 

そうしたら・・・Nさんがオットに頼まれた事をしに寺に着いた時、 
オット師匠が既にその事をやっているところでした。 
 
Nさんはワケが分からぬまま師匠に近づいて
「あの、花沢サン(ひなた家名字仮名)が・・・」と言うと、 
 



「ああ、ナニは(オットの事w)今日はアレ、無理やろ」 


「昨夜、来とったからな」 と!!


  
 
詳しく聞いたところによると、 
多分私が最初に病院について病室に二人きりだった時、 
私が母に向かって「ご本尊のとこに行けば大丈夫だよ」と言った 
ちょうどあのくらいの時間に 
母は一人でお寺に挨拶に行っていたらしいのです。 

 
Σ(- -ノ)ノ エェ!? 


 
それを師匠は知っていたので、オットは今日は来れないだろうと思っていたらしい。 
ま、寺自体は行ったんだけどね。 



 
母がお寺に行った・・・ 
一人で挨拶に行ったんだ・・・ 
その事実を聞いたら眠気が吹っ飛び少し元気になりました。 
オットは寺を出たところで、これから店に寄ろうかと思ってるんだけど… 
と言っていましたが、 
それをされたらヤバイ気が凄くして、 
寄らないでソッコー帰ってきてちょーだい!と言いました。
 
 
私に少し甦った元気は、明るいとかいう類のものではなく、 
お寺に行ったんなら大丈夫だ と言う元気。 
それも、病気が大丈夫と言う意味ではなく、 
仏への縁を伝う事が出来たんだ!という、安心感としての元気でした。 
そしてもうひとつ、究極の寝不足で今すぐ病院に戻る元気、でした。 
 
母がお寺に挨拶に行ったんなら、 
多分今すぐ病院に行かないと…間に合わないかも…と思ったのです。 
そして私は7時半頃病院に戻りました


スポンサーサイト
Posted by 日向
comment:0  
[不思議を含む日常
comment
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。