FC2ブログ
母、病院へ ヒゲのないヒゲさんっっ!?
寺、神社・巨木・鳥とか写真色々♪ + 次男の不思議話ちこっと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 日向
 
[スポンサー広告
母、病院へ


母を病院に運んだ日は凄かった。 
朝寝坊な私は兄貴からのメールに気付かず、8時頃やっと気が付いた。 
内容は、もうだめだ○○(いつも透析で通ってる病院)に連れてかなきゃ!来れない? だった。 
慌てて用意して次男を保育園に放り込んで実家に向かった。 
 
さっき兄貴にかけた電話の後ろでは、
呻き声というか大きめのうなされた声みたいのが聞こえていた。
(おにーちゃん、早く、病院にー!みたいな内容だった) 
電話でも変わり果てた様子が想像出来たので、行くのは正直怖かったんだけど 
あの様子じゃ一緒にいる兄貴もさぞ心細かろうと思ったので実家に行った。 
 
案の定、私達二人で運べるほど甘くなかった。 
そして、様子が腎臓系ではないような気がしたし、(尿毒症とかね) 
いつもの病院で対処出来ないだろうと思ったので 
救急車呼ぼう!と私が言った。だってどっちみち運べないんだし。

一度おんぶしてみようかと思ったが
この間病院から運んだ時と同じように、全身の力が抜けている。
諦めて布団に下ろしたら静かになってしまった。
不安なのかも?と思い手を握ったが反応なくそのまま。
な、なんか、ヤバくない・・・?

救急隊の人が到着、様子を説明する。
どうやら右半身に力が入ってない模様。
うーん、気付かなかったぞ。やっぱり慌てているらしい自分(汗)
片麻痺・・・?脳なのか? 
 
兄貴に救急車に乗ってもらう事にして私は病院が分かっていたので先に車で出た 
 
 
その後の容態は…書いたよね。 
 
で、昨日透析だったんだが… 
なんと!喋れるじゃないですか!月火水…で3日振りですよ! 
まぁ、朦朧としながらも受け応えが出来るのです。 
私は透析室にいる間に帰りましたが、
残っていた兄姉に、病室に戻ったら相変わらずだったと後から聞きましたの。 
 
で今日寺に行って聞いてみました。 
なんでも、今は
もう何してもアカンと言うのでもなく、かと言ってなんとかなるとも言えない、
判断のつかない難しい時期にいるんだそう。 
 
心臓は強そうに見えても弱ってるから、
心臓のあたりに手を置いてさすってあげて、ある言葉を言ってあげなさい と。 
ちなみにある言葉とは御真言みたいなものね。 
 
つまり、お加持みたいなものをしてあげなさいと。 
 
それをしてあげる事でアンタも悔いが残らないやろうし、お母さんの方も悔いが残らない 
そしてそれをしてあげるという事は生きてる時だけじゃなく、死んでからもエエ事になるからな 
という事です。 
 
まだ奇跡も起こりうる可能性はあるで と。 
 
 
で言われた通り病院でやってきた。 
ら、気持ち良さそうに寝てしまった(^-^; 
 
き、効いたのかどうなのか……… 
分からん(笑) 
 
しばらく、やりに通ってみます


スポンサーサイト
Posted by 日向
comment:0  
[不思議を含む日常
comment
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。